朝日将軍との絆を知るゆかりの地に咲く桜樹「岩屋堂観音義仲桜」信州上田

県歌「信濃の国」で「旭将軍」とうたわれる平安時代の武将・木曽義仲。兵を集めるため信濃国中を回ったことから木曽以外にも義仲公の伝説は残っています。とくに東信は有力豪族である海野氏を引き入れたことからゆかりが深く、戦勝祈願をしたという岩屋堂観音が、上田市市街地から丸子方面に向かい、依田川一帯を眼下に臨む場所にあります。約200段ほどの急勾配の参道を登ります。

参道脇には、かつて戦勝祈願に訪れた際、木曽義仲公が自ら植えたとも馬を繋いだとも伝わる樹齢800年のエドヒガンザクラ「義仲桜」が例年4月中旬桜の季節になると花をつけます。樹高40m。幹周4.6m、枝張り30mの巨木です。

石段を登ると一番上に見えるのが、戦勝祈願に参った際、参道脇の道を馬で登ったことから現在「義仲馬大門」と呼ばれています。

当山は今から約1200年前、平安時代初期の承和元年(834)、比叡山第三代座主慈覚大師円仁が信濃巡礼の折に一本の柳の木から三体の観音像を彫刻し、その時に柳の胴の部分で作った像をここに納めたのが開基です。山名の龍洞山は「柳」と「胴」に通じています。御本尊、大師御謹刻の聖観世音菩薩は約220年前の安永6年(1778)建立の堂宇に安置されています。以前は「奥の院」と呼ばれる本堂裏の洞窟中に安置されていました。

朱塗りの観音堂は、切り立つ岩山の中腹に食い込むように建っているのが特徴で、その迫力に圧倒されてしまいますが、その建物は平安の頃を思い出させるように優雅で気品があり、いつまでも見ていても身飽きることのない、真っ白な彫り物、彩色の美しい蟇股と美しい佇まいです。

2018/4/9撮影

名桜の宝庫!「一本桜の里」南信州飯田で銘桜紀行。飯田市内編

江戸時代に江戸詰の交代藩士の屋敷があったことから名付けられた江戸町には、武田信玄の息女、黄梅院姫の菩提を弔うために建立された黄梅院があります。本堂脇に植えられている「黄梅院の枝垂れ桜」は、推定樹齢約350年の紅彼岸系の古木です。飯田城主脇坂安政公が、先代である安元公の菩提を弔うために、「弥陀の四十八願」にちなんで領内四十八寺堂に植えた桜の一本とも言われています。

樹高約18m、幹周り5.5m、天に向かって真直ぐに立ち、左右に枝を張った姿はまるで冠のような樹形で気品を感じさせます。開花時の紅色がひときわ鮮やかなのも特徴で、日が経つにつれて花びらは白さを増し、そのグラデーションを楽しむのも一興です。桜花の中で最も濃い紅色は紅梅をも思わせますよ。

同じ江戸町にある正永寺は、応永15年(1408)飯田城主・坂西由政によって開基された曹洞宗の寺です。本堂脇に立つ「正永寺の枝垂れ桜」は、戦国時代、飯田城主が各寺を城の周りに移転するように命令し、ここに寺が移転、建立された文禄3年(1594)に植えられたとも、飯田城主脇坂安政公が、先代である安元公の菩提を弔うために領内に48本の桜を植えたとされる、「弥陀四十八願」の一本とも推測されます。

推定樹齢400年余、胸高周囲3.8m、高さ15mの古木は、老木のため幹の傷みが激しいのですが、どっしりとした幹は飯田の歴史の重みを伝えています。幹の片側だけに大きく張り出し枝垂れて咲く花は、まるで天空からの大瀑布のように流れ落ち、荘厳な美しさです。

江戸町の隣、伝馬町にあるのが曹洞宗のお寺「専照寺」です。通りから細い参道を入った所にあります。屋根の上に鐘楼が乗っている珍しい山門をくぐります。正面には釈迦牟尼仏を覆うようにしだれる推定樹齢400年の古木が「専照寺のシダレザクラ」です。慶長8年(1603)、城主小笠原氏の帰依により現在地に移転され、その時に植栽されたと推測されています。胸高周囲4.5m、樹高10mです。

愛宕町にある「愛宕神社の清秀桜」は、樹齢約780年、胸高周囲6.7m、高さ10mの巨木で市内最古、県内でも屈指の老木のエドヒガンザクラです。仁治元年(1240)、愛宕城が長姫城に移った跡地に建てられた、地蔵寺の清秀法印がこの桜を植えたといい、悠久の時を越えてきた深みのある美しさが感じられます。花びらが濃いピンク色をしているのが特徴です。

また境内には、昔境内でお店をしていた千代蔵さんが植えた「千代蔵桜」と呼ばれる一本桜もあり、一緒に楽しめますよ。

2017/4/14撮影

 

座光寺の日本唯一の半八重彼岸枝垂れ桜「麻績の里 舞台桜」信州・飯田

南信州飯田市座光寺・元善光寺の近くに、石段を上ると、古き良き時代の面影を残す手入れが行き届いた木造校舎があり、その校庭に樹高8mのところから地面につくほどに伸びた枝を持つ、樹齢約400年の桜が出迎えてくれます。

薄紅の花びらが風にそよぎ、横に長く伸びた枝は、垂れないように添え木があてられています。それが「麻績の里 舞台桜」です。「麻績の里 舞台桜」は、5つの花びらの中に雄しべが花弁に変化した「旗弁」があり、花びらの数が5~10枚と定まらないのが特徴で、平成17年に新種と断定された「半八重枝垂れ紅彼岸桜」との呼び名を持ち、飯田下伊那でも人気の高い名桜の一つです。

名の由来となった旧座光寺麻績学校校舎は、明治7年に建てられた県下最古の学校建築で、2階が校舎、1階が歌舞伎舞台として使用されていました。

建物の黒い屋根瓦とのコントラストが、その美しさをさらに際立たせているようで、南アルプスの眺望も美しいです。

麻績の里 石塚の桜」は麻績の里舞台桜のすぐ近くにあり、石塚一号古墳の上に立つシダレザクラです。樹齢は250年、樹高は約15mで、根元には古墳の横穴があり石室が納まっています。小高く盛られた半円形の古墳の上で、まるでこの古墳を守るように
枝垂れた枝が包んでいます。

信州の郷愁誘う「学校」の空間を残す木造校舎と桜の風景!信州・飯田「杵原学校のシダレザクラ」

中央自動車道・飯田山本IC下りてすぐ、国道153号から少し入った飯田市佐竹に、木造平屋建ての校舎(旧山本中学校)を背に、均整の取れた枝が広がる一本桜が「杵原学校のシダレザクラ」です。かつて子供達を見守った桜は、今もまるで両手を広げ、子どもたちを包み込むように咲き誇り、地区住民を眺めながら佇んでいます。

校舎は杵原学校と呼ばれ、昭和24年(1949)竣工、昭和60年(1985)廃校となるも、平成17年、戦後の建物としては全国初の国登録有形文化財に指定されています。学校は南北2棟の建物が渡り廊下でつながれ、板張りの長い廊下や木製の窓枠、寄棟造りの瀟洒な玄関ポーチなど昭和中期の懐かしい姿を留めています。

この佇まいに目をつけた山田洋次監督、吉永小百合主演の平成20年公開、映画『母べえ』や続く平成27年公開の『母と暮らせば』のロケも行われました。撮影当時のまま黒板が残っている教室や校舎内が見学できます。

 

中央アルプスを背に遅咲きの花を咲かせるエドヒガンザクラ「中曽根の権現桜」信州・箕輪町

中央自動車道伊北ICを下りてまずは箕輪町中曽根のエドヒガンザクラを訪れます。中曽根公民館の北にある樹齢1000年といわれる見事な一本桜の老木です。木の根に熊野権現が祀られていることから「中曽根の権現桜」とも呼ばれています。県内のエドヒガンの中で3指に入る大きな木です。

樹高約13m、根元の周囲約8mの大木で、薄紅色の小さめの花が盛んに咲き誇ります。根元から2つの大枝が東西に分かれていて、夫婦桜とも言われ、開花時期のずれからか一方は紅色、他方は白っぽく花の色が違っているようにも見えます。晴れていれば中央アルプスの雄姿とともにその姿を眺められますよ。地上1.3mの部分から枝分かれし、一方は紅色、他方は白っぽく見えることから「夫婦桜」とも呼ばれています。

 

旧浪合村宮の原で戦死した後醍醐天皇の孫尹良親王の故事に因む。信州阿智村「御所桜」

御醍醐天皇の孫、尹良(ユキヨシ)親王が暮らした旧浪合村・浪合宿の語源は「並合」。それは家並が軒を重ねあって賑わっていたことに由来し、中馬海道を通る人馬が並び合ったからだともいわれています。

浪合が御所の里を標榜しているのには理由があります。南北朝動乱の時代、南朝勢力の挽回に奔走され、室町時代の応永31年(1424)8月15日、上野国から三河国に赴く途中、浪合の地で北朝方の敵軍に襲われこの浪合村宮の原で戦死した後醍醐天皇の孫尹良親王の故事にちなんでおり、この桜もそれゆえ「御所桜」といわれています。

どこからみてもほぼ同じ樹型をしておりなかなか見ごたえがあります。

 

遥か奥州に落ち延びる源義経の道中を思い起こす信州阿智「駒つなぎの桜」

阿智村南西部、岐阜県と県境を接する園原は、恵那山の東山裾に広がる山合いの小さな集落であるが、この地は古代・中世にかけて都人におおいに親しまれていた地なのである。その理由は、この地を大宝律令が出された701年に近江国(滋賀県)を起点に「東山道」という都から東国を結ぶ官道が通り、その東山道のなかでも殊に標高1576Mの神坂峠を超える信濃国阿知駅(阿智村)と美濃国坂本駅(中津川市)を結ぶ行程は、およそ七十四里を隔てる最大の難所といわれ、「神坂峠」の存在があまりにも大きかったのではないかと思われる。
都からの旅人にとっては険しい峠を越えた最初の人里、そして東国からの旅人にとっては東国最後の里、それが園原なのである。

2011_0504_113246-P1010766

源義経が奥州下向の折りに、馬をつないで休んだといわれる大きな桜の木が旧道と林道との分岐点に近い水田の端にある。「駒つなぎの桜」といわれ、樹齢は800年を超えると言われるが、樹勢今なお盛んで、見事な樹冠をもたげ悠然と咲き薫る風姿は、牧歌的な田園風景をとびきりなものにしてくれる。難所・神坂峠の麓で多くの旅人の目を楽しませてきたことがうかがえる。棚田が重なる田園風景の中にあり、開花期は」ちょうど田植えの時期。田んぼに水が張られ、水鏡に映る薄紫の桜を愛でることができます。

長野から信濃町へ坂中街道の左右にある紅白の一本桜「大山桜」と「柳桜」

善光寺平北の小高い丘陵に位置する飯綱町牟礼は北信濃の山々を一望できるビュースポットがたくさんあるが、長野から信濃町へ通じる坂中街道沿いの、坂中トンネルを抜けて左手すぐの小高い丘の上に立つ、鮮やかな紅色をした桜が「地蔵久保の大山桜」です。樹高20m、幹周りは5m超える大きさで、その幹は地上わずか70cmのところで5本に分かれ、大きく横に広がる姿は新緑のなかひときわ鮮やかな紅色が遠目にもはっきり見えるが、樹齢100年を超える老木である。

2013_0428_091016-P1030034

坂中トンネルを出た四つ辻を右に曲がり袖之山地区に向かう。小高くなった場所にあり、思う存分に長い枝を垂らして咲いているのが「袖之山のシダレザクラ」である。樹高は8.5mとさほど高くはないもののその枝ぶりは見事で長い枝では10m近くもあるだろうか。樹齢は320年以上といわれるが、その勢いは衰えず、滝に上がる飛沫のような堂々たる枝ぶりに煙るように豪勢に花を咲かせる。たくさんの枝を支える幹には、長い時間生きてきた木独特の存在感を感じるのである。日本画家・中島千波画伯が「袖之山枝垂桜」として描いたほか、絵や写真の題材として人気も高いらしい。通称「安養寺の柳桜」とも呼ばれ、もとは附近一帯は安養寺の境内であったという。青い空と残雪の残る北信五岳とのコントラストがうれしい。

2013_0428_092325-P1030039

神代の昔からいくつもの時代を経てきた風格を漂わせる信州長野・素桜神社の「神代桜」

長野市内から七曲りを抜けて30分、飯綱高原に向かう途中にある芋井というほとんど戸隠に近いところの集落の田園風景の中に大きく枝を広げた美しい樹型のエドヒガンザクラがある。昭和10年(1935)に国の指定を受けた天然記念物で、高さ約20M、苔の生えた幹はいくつにも分かれ、枝は大地を覆うように四方八方に伸びるという大きさを誇る「素桜神社の神代桜」です。

2013_0428_083637-P1030030

天照大神の弟である素戔鳴尊(スサノオノミコト)がこの地を訪れ、持っていた杖を地に挿したところ根付いて大きくなったと伝えられる推定樹齢1200年の巨木である。堂々と鎮座するたたずまいには、その名の通りいくつもの時代を越えてきた神様のよりしろにふさわしい堂々とした風格を感じる。

ペリーが来航した幕末の頃から谷を薄紅色の染める信州清内路「黒船桜」

国道256が走る清内路には嘉永6年(1853)ペリーが下田に来航した折に現在の場所に移植されたと伝えられることから名付けられたといわれる「黒船桜」がある。幹周3m、高さ10m、枝張り東西19m、南北14m、推定樹齢160年と村の天然記念物に指定されている。特徴的なのは横にぐんと伸びた立派な枝にたくさんの花を付け、下にたつとまるで花笠に入ったようになるほど、整った目を見張る美しさと、黒々とした幹とのコントラストが美しい。

120429_’‹_•‘D÷ùí

黒川にかかる大正橋から望むと、近くの山里の風景にもマッチして見応えもたっぷり。開花期には、竹を割ってつくった燭台に明かりを灯す。