飛騨萩原の山里の日常に咲くしだれ桜「四美の岩太郎桜」

見応えのある名桜が点在する飛騨萩原周辺で一番の人気を誇る「四美の岩太郎のしだれ桜」。遠目にも息を呑むのは、土手の中腹にたち、道行く人に覆いかぶさるように咲く姿は見ごたえ十分 、下から覗きこむように見ると桜色のシャワーを振りまくように咲き誇る一本のしだれ桜の春風に揺れる細枝と舞い散る薄桃色の花弁の美しさと存在感に見とれてしまうのです。萩原町四美にあるこの見事な桜は、樹齢推定100年で、四美で蚕の卵の販売を生業としていた岩太郎という人が現在の高山市の寺から桜の若芽を譲り受け植えたので「岩太郎桜」と呼ばれています。現在は幹回り約2.6M、高さ約15Mの巨木に成長し、下呂を代表するしだれ桜となっています。

t02200287_0480062713314428936

素朴な街並みを残す下呂の萩原町には美しいしだれ桜の名所としても有名です、岩太郎桜以外にも、四美の鎮守・森山神社の岩太郎桜に姉妹桜、尾崎の永養寺に咲く樹齢350年のしだれ桜、山之口・慈雲寺の桜などそれぞれの趣で魅せてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です