長野から信濃町へ坂中街道の左右にある紅白の一本桜「大山桜」と「柳桜」

善光寺平北の小高い丘陵に位置する飯綱町牟礼は北信濃の山々を一望できるビュースポットがたくさんあるが、長野から信濃町へ通じる坂中街道沿いの、坂中トンネルを抜けて左手すぐの小高い丘の上に立つ、鮮やかな紅色をした桜が「地蔵久保の大山桜」です。樹高20m、幹周りは5m超える大きさで、その幹は地上わずか70cmのところで5本に分かれ、大きく横に広がる姿は新緑のなかひときわ鮮やかな紅色が遠目にもはっきり見えるが、樹齢100年を超える老木である。

2013_0428_091016-P1030034

坂中トンネルを出た四つ辻を右に曲がり袖之山地区に向かう。小高くなった場所にあり、思う存分に長い枝を垂らして咲いているのが「袖之山のシダレザクラ」である。樹高は8.5mとさほど高くはないもののその枝ぶりは見事で長い枝では10m近くもあるだろうか。樹齢は320年以上といわれるが、その勢いは衰えず、滝に上がる飛沫のような堂々たる枝ぶりに煙るように豪勢に花を咲かせる。たくさんの枝を支える幹には、長い時間生きてきた木独特の存在感を感じるのである。日本画家・中島千波画伯が「袖之山枝垂桜」として描いたほか、絵や写真の題材として人気も高いらしい。通称「安養寺の柳桜」とも呼ばれ、もとは附近一帯は安養寺の境内であったという。青い空と残雪の残る北信五岳とのコントラストがうれしい。

2013_0428_092325-P1030039

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です