朝日将軍との絆を知るゆかりの地に咲く桜樹「岩屋堂観音義仲桜」信州上田

県歌「信濃の国」で「旭将軍」とうたわれる平安時代の武将・木曽義仲。兵を集めるため信濃国中を回ったことから木曽以外にも義仲公の伝説は残っています。とくに東信は有力豪族である海野氏を引き入れたことからゆかりが深く、戦勝祈願をしたという岩屋堂観音が、上田市市街地から丸子方面に向かい、依田川一帯を眼下に臨む場所にあります。約200段ほどの急勾配の参道を登ります。

参道脇には、かつて戦勝祈願に訪れた際、木曽義仲公が自ら植えたとも馬を繋いだとも伝わる樹齢800年のエドヒガンザクラ「義仲桜」が例年4月中旬桜の季節になると花をつけます。樹高40m。幹周4.6m、枝張り30mの巨木です。

石段を登ると一番上に見えるのが、戦勝祈願に参った際、参道脇の道を馬で登ったことから現在「義仲馬大門」と呼ばれています。

当山は今から約1200年前、平安時代初期の承和元年(834)、比叡山第三代座主慈覚大師円仁が信濃巡礼の折に一本の柳の木から三体の観音像を彫刻し、その時に柳の胴の部分で作った像をここに納めたのが開基です。山名の龍洞山は「柳」と「胴」に通じています。御本尊、大師御謹刻の聖観世音菩薩は約220年前の安永6年(1778)建立の堂宇に安置されています。以前は「奥の院」と呼ばれる本堂裏の洞窟中に安置されていました。

朱塗りの観音堂は、切り立つ岩山の中腹に食い込むように建っているのが特徴で、その迫力に圧倒されてしまいますが、その建物は平安の頃を思い出させるように優雅で気品があり、いつまでも見ていても身飽きることのない、真っ白な彫り物、彩色の美しい蟇股と美しい佇まいです。

2018/4/9撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です