太閤秀吉の行った壮大な醍醐の花見に思いを馳せる。京都醍醐「太閤のしだれ桜」

京都における桜の名所の一つ、世界遺産・醍醐寺はあの豊臣秀吉が慶長3年(1598)「醍醐の花見」を行ったことでも良く知られており、「花の醍醐」と呼ばれていて、広大は境内には約1000本の桜が咲き乱れ、桜の名所100選にも選ばれている。
醍醐寺は醍醐山全山を寺域とする京都屈指の大規模寺院で、真言宗醍醐派の総本山である。伽藍は山上の上醍醐と山下の下醍醐に分かれ、80余の堂塔が立つ。貞観16年(874)に修験道中興の祖である理源大師・聖宝が上醍醐に草庵を結だのが始まりであり、豊臣秀吉が再興した。平成6年(951)世界文化遺産にも登録されている。

2015_0404_075640-P1060726

山門から桜並木の長い参道に迎えられるという贅沢さである。参道の左手には三宝院、右手には霊宝館があり、参道を進むと仁王門が現れる。三宝院の向かいに延びる霊宝館入口沿い参道の両脇には桜が満開。

2015_0404_075450-P1060725

参道左手の塔頭は醍醐の花見の中心として行われた「三宝院」である。醍醐寺の塔頭の一つで、定賢、義範、範俊の三人の師から法を授かった醍醐寺第14世座主・勝覚僧正が永久3年(1115)に創建したもので、その後、鳥羽法皇の御願寺になる。そんな三宝院の玄関脇には見事な”大紅しだれ桜”がある。それが「太閤のしだれ桜」で、JR東海CMで撮られているのである。奥村土牛画伯の代表作「醍醐」のモデルになった桜でもある.

 

2015_0404_092047-P1060739

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です