名桜の宝庫!「一本桜の里」南信州飯田で銘桜紀行。飯田市内編

江戸時代に江戸詰の交代藩士の屋敷があったことから名付けられた江戸町には、武田信玄の息女、黄梅院姫の菩提を弔うために建立された黄梅院があります。本堂脇に植えられている「黄梅院の枝垂れ桜」は、推定樹齢約350年の紅彼岸系の古木です。飯田城主脇坂安政公が、先代である安元公の菩提を弔うために、「弥陀の四十八願」にちなんで領内四十八寺堂に植えた桜の一本とも言われています。

樹高約18m、幹周り5.5m、天に向かって真直ぐに立ち、左右に枝を張った姿はまるで冠のような樹形で気品を感じさせます。開花時の紅色がひときわ鮮やかなのも特徴で、日が経つにつれて花びらは白さを増し、そのグラデーションを楽しむのも一興です。桜花の中で最も濃い紅色は紅梅をも思わせますよ。

同じ江戸町にある正永寺は、応永15年(1408)飯田城主・坂西由政によって開基された曹洞宗の寺です。本堂脇に立つ「正永寺の枝垂れ桜」は、戦国時代、飯田城主が各寺を城の周りに移転するように命令し、ここに寺が移転、建立された文禄3年(1594)に植えられたとも、飯田城主脇坂安政公が、先代である安元公の菩提を弔うために領内に48本の桜を植えたとされる、「弥陀四十八願」の一本とも推測されます。

推定樹齢400年余、胸高周囲3.8m、高さ15mの古木は、老木のため幹の傷みが激しいのですが、どっしりとした幹は飯田の歴史の重みを伝えています。幹の片側だけに大きく張り出し枝垂れて咲く花は、まるで天空からの大瀑布のように流れ落ち、荘厳な美しさです。

江戸町の隣、伝馬町にあるのが曹洞宗のお寺「専照寺」です。通りから細い参道を入った所にあります。屋根の上に鐘楼が乗っている珍しい山門をくぐります。正面には釈迦牟尼仏を覆うようにしだれる推定樹齢400年の古木が「専照寺のシダレザクラ」です。慶長8年(1603)、城主小笠原氏の帰依により現在地に移転され、その時に植栽されたと推測されています。胸高周囲4.5m、樹高10mです。

愛宕町にある「愛宕神社の清秀桜」は、樹齢約780年、胸高周囲6.7m、高さ10mの巨木で市内最古、県内でも屈指の老木のエドヒガンザクラです。仁治元年(1240)、愛宕城が長姫城に移った跡地に建てられた、地蔵寺の清秀法印がこの桜を植えたといい、悠久の時を越えてきた深みのある美しさが感じられます。花びらが濃いピンク色をしているのが特徴です。

また境内には、昔境内でお店をしていた千代蔵さんが植えた「千代蔵桜」と呼ばれる一本桜もあり、一緒に楽しめますよ。

2017/4/14撮影

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です