名桜の宝庫!「一本桜の里」南信州飯田で銘桜紀行。飯田郊外編

遠州街道の旧道沿い、段丘の斜面から長く枝を伸ばし、ながれ落ちる滝のようなダイナミックな姿が印象的な推定樹齢約350年のシダレザクラが「くよとの桜」です。根元には秋葉、蚕玉、天神といった神仏の石塔が並んでいて、信濃守護・小笠原氏の内紛の犠牲者を弔うための「くよと(供養塔)」と呼んだとされます。飯田市内でもっとも早く咲き始めるエドヒガンのひとつで、旧遠州街道を覆うように枝が伸び、のどかな田園風景とあいまって人気が高いです。

飯田IC近く大瀬木にある増泉寺は、およそ1200年の歴史を持つ笠松山の麓に立つ古刹。「増泉寺の天蓋枝垂れ桜」は樹齢約300年、天蓋のように境内を覆う見事な樹形の紅枝垂れ桜で、樹高は18mあり、地面スレスレに枝を落ろしています。見上げれば天から降るように思え、山門越しに眺めるとその大きさが際立ちます。国道153号から寺への路地が狭いので注意が必要ですよ。

2018/4/14撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です