名桜の宝庫!「一本桜の里」南信州飯田で銘桜紀行。飯田城址編

南信州飯田市には、樹齢300年を超える由緒ある老桜や樹形の素晴らしい一本桜が多く残されており、信州の中でも桜の名所として人気があります。限られた地域で、これだけ多くの名桜が観られる所は全国的にも大変珍しく、市内に一本桜が多いのは江戸時代の飯田藩主が桜好きだったため、周辺に植えるように命じたためと伝わります。

正しくは長姫城と呼ばれる飯田城跡は、飯田市が一望できる高台にあり、二の丸跡の現在飯田市美術博物館がある敷地内には、樹齢は450年以上、胸高周囲6m、樹高約20m、県の天然記念物に指定されている「長姫(おさひめ)の江戸彼岸桜」があります。通称「安富桜」の名で親しまれていて、この飯田城(長姫城)二の丸跡が家老安富氏の邸宅だったため、この名がつきました。

人工的な支えもないまま太い枝を四方に伸ばす姿は、どうどうたるものです。幹と枝張りが雄々しく均整のとれた美しい樹形が素晴らしく、古木の風格を感じさせてくれます。その凛々しい立ち姿は近くで見ても遠くから見ても美しく、傍らでサンシュの黄色い花が彩りを添えています。

同町の県飯田合同庁舎の東端の崖縁にあるのが「桜丸の夫婦桜」。ここは曲輪内に桜が多く植栽されたので桜丸と呼ばれた飯田城桜丸跡地で、脇坂安元が建てた桜丸御殿がありました。推定樹齢400年、胸高周囲5m、高さ10m、南アルプスを望むような樹形が見事です。一本の木に見えますが、エドヒガンとシダレザクラが根元で合体していて、寄り添って咲く珍しい夫婦桜です。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です