偉大な功労者への敬意の表れ!五郎兵衛ゆかりの桜「関所破りの桜」信州佐久

地域の水田開拓に尽力した市川五郎兵衛翁ゆかりの桜。明和5年(1768)に五郎兵衛新田(浅科村)の村民が彼を偲んで祀る真親神社を建立することになりました。翁の生家、上州(群馬県)砥沢村の市川家からよい枝垂れ桜が菩提寺である滝川村の慈眼寺にあるとのことで、この神社の社前に桜木を植えようと上州まで苗木を採りに出かけた際、割符(通行手形)を忘れたことに気付きました。しかしながら碓氷峠の役人も「市川氏の功績をたたえる桜のためなら」と心よく関所を通してくれたのが名前の由来といいます。

なお地元では別に「苗代桜」とも呼び、旧浅科村の見晴らしの良い丘に建つ五郎兵衛記念館の敷地内にあり、五郎兵衛米で知られる市川五郎兵衛真親を祀る横で、薄紅色の花をつけてしっとりとした風情を見せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です