伊那市民の憩いの桜の名所「春日公園」「六道の堤」信州 伊那市

伊那市西の段丘上にあるのが、戦国時代の春日城址をそのまま公園にした「春日公園」です。城は天文10年(1541)に織田信忠軍によって焼け落ちたといわれています。

現在は城の堀や石垣を彩る薄紅色の約420本のソメイヨシノとコヒガンザクラが植えられていて、桜とともに伊那市街や残雪の南アルプスを一望しながらの花見は南信州ならではの趣です。高遠城址の人ごみを避けて桜を愛でるならまさに穴場といえますよ。

国道361で高遠方面に向かい、笠原の信号を左折してしばらく走ると池の堤の周りを囲むように桜が咲き乱れる「六道の堤」が現れます。水面に映るタカトウコヒガンザクラやソメイヨシノなど120本が咲き誇る姿が美しく、カメラマンにも大変人気のスポットです。

江戸時代の末期、嘉永元年(1848)高遠藩主内藤頼寧が窮乏する藩財政を打開すべく新田開発を命じ、藤沢川から引水し嘉永4年(1851)に堤は完成。この堤の広さは約16000㎡、現在も六道原に広がる水田33.5haを潤し、春になれば水面に映る満開の桜が、東西の南アルプス、中央アルプスの白い雪と美しいコントラストを見せてくれます。水面に映る桜の間隔がなんとも絶妙で美しい穴場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です