中央アルプスを背に遅咲きの花を咲かせるエドヒガンザクラ「中曽根の権現桜」信州・箕輪町

中央自動車道伊北ICを下りてまずは箕輪町中曽根のエドヒガンザクラを訪れます。中曽根公民館の北にある樹齢1000年といわれる見事な一本桜の老木です。木の根に熊野権現が祀られていることから「中曽根の権現桜」とも呼ばれています。県内のエドヒガンの中で3指に入る大きな木です。

樹高約13m、根元の周囲約8mの大木で、薄紅色の小さめの花が盛んに咲き誇ります。根元から2つの大枝が東西に分かれていて、夫婦桜とも言われ、開花時期のずれからか一方は紅色、他方は白っぽく花の色が違っているようにも見えます。晴れていれば中央アルプスの雄姿とともにその姿を眺められますよ。地上1.3mの部分から枝分かれし、一方は紅色、他方は白っぽく見えることから「夫婦桜」とも呼ばれています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です