ペリーが来航した幕末の頃から谷を薄紅色の染める信州清内路「黒船桜」

国道256が走る清内路には嘉永6年(1853)ペリーが下田に来航した折に現在の場所に移植されたと伝えられることから名付けられたといわれる「黒船桜」がある。幹周3m、高さ10m、枝張り東西19m、南北14m、推定樹齢160年と村の天然記念物に指定されている。特徴的なのは横にぐんと伸びた立派な枝にたくさんの花を付け、下にたつとまるで花笠に入ったようになるほど、整った目を見張る美しさと、黒々とした幹とのコントラストが美しい。

120429_’‹_•‘D÷ùí

黒川にかかる大正橋から望むと、近くの山里の風景にもマッチして見応えもたっぷり。開花期には、竹を割ってつくった燭台に明かりを灯す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です